モバイルフレンドリーは、この4つの事に気をつけろ!!

モバイルフレンドリーなサイトにするには?

あなたのウェブサイトをモバイルフレンドリーにするためには、スマホユーザーが見やすく、使い易いサイトにすれば良いんです!

・・・ただ、使い易さや見易さなんて個人差がありますよね?

そこで、ウェブサイトの「使い易さ」「見易さ」の基準をGoogleが決めています。

Googleが決めた基準を満たせば、あなたのサイトもモバイルフレンドリーです!

Googleが決めた4つの基準

モバイルフレンドリーの基準として、Googleが決めた事項を一つずつご紹介します。

①タップやズームをしなくても見やすいテキストサイズになっている。

当たり前ですが、スマホはPCほど画面が大きくありません。
そのため、パソコン表示のままスマホでサイトを見ると文字が小さすぎてピンチインしないと読めない!
という事があります。
そのような手間をユーザーにかけさせない為、スマホ用のレイアウトを用意したうえで最適なフォントサ
イズを設定しましょう。※別途ビューポートの設定が必要となります。

②リンクの間隔が近すぎない。

リンク同士の間隔が近すぎる場合、思っていたリンクとは違うリンクをタップしてしまいまう可能性があります。
ユーザーにストレス無くサイトを見てもらうため、「リンクをタップしやすい大きさに」し「リンク同士の間隔を
十分にとる」という事が必要です。

③再生できないコンテンツ(Flash)が含まれていない。

少し前のことですが、Flashで作成したウェブサイトが流行しましたね。
当時Flashで作成したウェブサイトは、動画がウェブサイトになったかのような作りが可能となり、おしゃれで
カッコイイものでした。
ところがこのFlash、スマホでは基本的には見る事が出来ません。
もともとAndroid端末であればmobile版Flash Playerを使い見る事が出来たのですが、開発元(Adobe Systems)
がmobile版のFlash Playerの開発を中止してしまったんです。
サイト内の一部、もしくは全てがスマホで表示されないとなると、ユーザーのためになりません。
その為、サイト内にFlashを含まないようにする必要があります。

④横方向へのスクロールがない。

画像やサイト自体のサイズが大きすぎた場合、スマホの画面幅から飛び出してしまいます。
この場合、画面を左から見はじめ、次に右に移動、左に戻って下にスクロールしまた右へ・・・と文章にするのも手間
なくらい面倒になってしまいます。
そのため、画像・コンテンツのサイズはスマホの画面のサイズも考え作成、設定する必要があります。

ちなみに、
フォントサイズですが、twitterやline、Facebookなど大手SNSサービスの基本的なフォントサイズは14pxに設定され
ているようですよ。
あなたのサイトもこの機会に「見やすく」「使いやすい」サイトになっているか確認してみてはいかがでしょうか?

ウェブ大魔王SEOブログ ~モバイルフレンドリーアップデートとは?~

モバイルフレンドリー?

『モバイルフレンドリー』
単純に考えると『モバイル(スマホ)』と『フレンドリー(友好的,親しみやすい)』ですね。

前回のブログでも書きましたが、2015年スマホ利用者の増加に伴い、スマホでの検索が爆発的に増えております。
そこで、ユーザビリティを最優先にしているGoogleが【スマホで見やすいサイトを高く評価しよう!】と行ったアップデートが
『モバイルフレンドリーアップデート』なんです。

どんな内容なの?

このモバイルフレンドリーアップデートをまとめると以下のような内容となっております。

・スマートフォン(モバイル)への対応度を順位決定するための要因の一つにする。
・2015年4月21日に実施
・世界の全言語・全地域のモバイル端末(PC・タブレット以外)におけるGoogle の自然検索
 結果に影響

つまり、2015年4月21日からは自サイトがスマホ表示に対応しているか否かによって、スマートフォンで検索した際の順位が変わる
ようになったという事です。

ちなみに、PCとスマートフォンで検索結果が異なるのはご存知でしたか?

スマートフォンの検索結果はあなたがいる場所によって検索結果が変わる事が多くあります。
たとえば、あなたが旅行で札幌に行き美味しいラーメン屋さんを調べる為に『ラーメン』と検索すると、札幌のラーメン屋さんが
表示されると思います。
その後地元(仮に東京とします)に帰り『ラーメン』と検索すると東京のラーメン屋さんが表示されるはずです。
これは、Googleがあなたの位置情報を利用し、あなたが必要としている情報を提供する為です。
この位置情報に合わせて、さらにスマホの表示に対応しているか?という事がスマホでの検索結果に影響してくるということです。

自サイトはスマホ表示に対応している?

そもそも「スマホ表示に対応している」とはどういう事なのでしょうか?

Googleのアナウンスを見ると、

・タップやズームをしなくても見やすいテキストサイズになっている。
・リンクの間隔が近すぎない。
・再生できないコンテンツ(Flashなど)が含まれていない。
・横方向へのスクロールがない。

という事になります。

このようにスマホ表示に対応出来た場合、

スマホ検索結果

このように【スマホ対応】と検索結果に表示されるんです!
あなたのサイト、またはクライアントのサイトは表示されていますか?

スマホ対応していない場合は?

ビジネスマン

定期的にアクセス解析を行い、アクセス数の推移や自サイトを訪れたユーザーのデバイスや環境をチェックしている方は既に対応済み
だと思いますが、今までアクセス解析を行っていないという方で、『最近お問合せが減った気がする・・・』という方は自サイトがス
マホ表示に対応しているか確認した方が良いと思います。
自サイトがスマホ表示に対応していなく、モバイルフレンドリーアップデートのタイミングでスマホ検索の順位が下がり、スマホユー
ザーのアクセスが大幅に減ってしまっている可能性があります!

実はGoogleから自サイトがスマホ表示に対応しているか確認出来るツール無料で提供されています。

■モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

調べたいサイトのURLを入力し、解析ボタンを押すだけで対象サイトがモバイルフレンドリーかどうかをチェックしてくれます。
仮にスマホ表示に対応していなかった場合も、どこをどのように改善すれば良いか?というところも提示してくれるので、あとはその
内容をサイトの管理者に連絡し修正、もしくはホームページ制作会社に修正の依頼を出すだけです。

この機会に自サイトの順位はPCとスマホで違いがあるのか?また、自サイトはモバイルフレンドリーになっているか?を確認してみる
と良いですね。

次回はこの【モバイルフレンドリーの項目】の詳細を調査しようと思います。

次回の更新は2月5日(金)です。

第3回ウェブ大魔王SEOブログ ~パンダアップデートはいつ起きた?~※2016/02/22追記

目次

※2016/2/22追記

パンダアップデートのはじまり

前回までの記事で調査してきましたパンダアップデートですが、初めてアルゴリズムに導入されたのは、
2011年2月24日。
この時、検索結果の12%に影響があり、『突然サイトの順位が下がりアクセスが激減した!』というサイ
ト運営者やSEO担当者が多くいたそうです。
ただしこの時は英語圏でのみ実施されたそうなので、日本のサイトには影響はありませんでした。
日本にも導入されたのは2012年7月18日
当時Googleから公式のアナウンスがあり、『検索結果への影響は4%』とあったようなのですが、それで
も突然順位が大幅に下がったサイトがいくつもありました。

更新の頻度は?

その後アップデートの際にGoogleからアナウンスがある場合と、ない場合があったようですが、基本的
には1ヶ月間隔でアップデートを行っていったそうです。
2013年に入り、更新の頻度は少しずつ緩やかになり「2ヶ月に1回」「3ヶ月に1回」…となっていき、
今では約10ヶ月に1回ペースになっているようです。

直近のアップデートはいつあった?

直近で起こったパンダアップデートは2015年7月18日に行われたようです。
前回のアップデートは2014年9月25日に行われたようなので、約10ヶ月ぶりですね。
しかし、『あまり順位の変動が感じられない。』と思っている方が多いようで、調査したところ今回のパ
ンダアップデートは【ゆるやかに実施する】というアナウンスがあったようです。
ゆるやかに実施とのアナウンスですが、イタズラに時間をかけているわけではないようです。
今回のアップデートはコンテンツの質だけではなく、サイトの質も調べているため通常よりも時間がかか
ってしまったそうです。
『サイトの質』に関しては、別の記事でご紹介致しますね。

アップデートを追及するのか?コンテンツを追及するのか?

パンダアップデートに関して調べてきましたが、『じゃあ次のアップデートはいつ来るんだ?!』という
心配をする必要はないと思います。
パンダアップデートは質の高いコンテンツを評価する為、コンテンツの質を意識しながらサイトを運営・更
新していけばアップデートやアルゴリズムの変化に一喜一憂する必要はありません。
むしろパンダアップデートが楽しみになるかもしれませんね。
これからアルゴリズムの更新があった場合や、事前情報が入りましたらすぐにこの場でお知らせ致します。

他にはどんなアップデートが?

Googleはユーザーにより快適で有益な情報を提供する為、検索アルゴリズムを更新しているようで、
パンダアップデートの他にも…

『ペンギンアップデート』

『ヴェニスアップデート』

『ハミングバード』

『モバイルフレンドリーアップデート』

『クオリティアップデート』

どれも内容が濃く重要なアップデートなので、後日一つずつお伝えしていきたいと思います。

突然ですが、
インターネットで何か情報を調べる、買い物をする、あなたはPCとスマホ、どちらで行う事が多いですか?
このブログを見ていただいている方はPCの方が多いかもしれませんが、実は2015年から急激にスマホでの検索が
増えているようです。
特に20代~30代の若年層のスマホ利用率が大幅にPC検索を超えているようです。

という事で、次回の記事では『モバイルフレンドリーアップデート』について調査していきます。

次回の更新は2月3日(水)です。

※2016年2月22日 追記

あなたがせっかく作ったコンテンツが真似され、さらにあなたの記事が検索結果から削除される危険性が!?

恐ろしいニュースを目にしたのでみなさんにもお伝えしておきたいと思います。

「DMCA」という言葉をご存知ですか?
(デジタルミレニアム著作権法)の事で、あなたのサイトにある記事や、撮影した写真などを守ってくれる法です。

仮に、『サイトの記事を完全に真似したサイトを見つけた!』という事があれば、Googleに『このサイトはウチの
サイトのコンテンツを真似しているから削除してくれ。』と申請を出す事が出来るのです。

●権利侵害コンテンツの申し立て(グーグル デジタル ミレニアム著作権法)
http://www.google.com/intl/ja/dmca.html

実はこのDMCAを悪用して順位を下げてしまおうという逆SEOが行われているようです。

  • ①まず、ライバルサイトのコンテンツをコピーして記事を作成。
  • ②記事の作成日時をライバルサイトの日にちよりも古く設定する。
  • ③偽装した日時をもとに、DMCAの申し立てを行いライバルサイトの順位を落とす。

このような手口が徐々に行われている可能性があるようです。

防ぐためにはどうするの?

「事前の完璧な予防策」は、現状ないようですが、
まずはGoogleのSearch Console(サーチコンソール)にご自身のサイトを登録してください。
サーチコンソールに登録する事で、万が一あなたのサイトが逆SEOのターゲットになってしまった場合でも、サーチ
コンソールにその旨のメッセージが届きます。
メッセージが届いた場合は直ちに「異議申し立て」を行ってください。

●異議申し立て通知
http://www.google.com/intl/ja/dmca.html#counter

こちらを行う事で、検索結果から一度削除されてしまっても、また表示されるようになります。
サーチコンソールをはじめて知ったという方は、まずは登録してみてください。
無料で利用できるので登録をおすすめします。

第2回ウェブ大魔王SEOブログ ~質の高いコンテンツ?低いコンテンツ?~

前回の記事では、

  • パンダアップデートとはGoogleの検索アルゴリズムの更新の名称という事。
  • 内容は「コンテンツの質の良し悪しで順位が変化する」という事。
  • コンテンツの質=文章量だけではないという事。

kaoという所まで調査しましたね。

今回この記事をご覧になっているあなたはどのような方法やどういう目的でここまでたどり着いたでしょうか?
今この記事を見ているあなたが自身で運営しているウェブサイトの管理人だったり、会社のウェブサイトの運用
担当であったり、はたまたECサイトの広報戦略を考える人だったり…記事に対して目的はそれぞれだと思います。

実際に記事を読み進める際に注目することや、自分にとって価値がある内容かどうかを見極めるポイント、そして
実際に価値があったかどうかを判断していると思いますが、人が記事=コンテンツを評価する上で、
「質の低い・質の高いコンテンツ」という事がどういうことかまとめて見たいと思います。

質の低いコンテンツとは?

まずは【質の低い】コンテンツについて考えていきましょう。
こちらはGoogleからの解説がありました。

 自動生成されたコンテンツ
 内容の薄いアフィリエイト ページ
 他のソースからのコンテンツ
  (例: 無断複製されたコンテンツ、低品質のゲストブログ記事)
 誘導ページ

一つずつ確認していきます。

『自動生成されたコンテンツ』

自動生成されたコンテンツとはプログラムによって自動的に作成された文章(コンテンツ)のことのようです。
以前までよく見かけていたものですと、日本語として意味が通じず特定のキーワードを含んだデタラメな内容でした。

容器に際し、便利と退屈しているに違いありませんと容器までの美肌エステくらいなら、なかなか効果がありそうです。ネット通販も見事です。美肌エステがあなたに訪れたとします。激安美肌エステだという事も。予約に電話は出来るという事になります。そんなあなたに美肌エステは期待しています。

このようにデタラメなテキストを自動で作成し、コンテンツのかさ増しを行ったり、特定キーワードに自サイトへの
リンクを貼り被リンクを稼ぐという事を行っているところもありました。
3~4年前であれば、このようなコンテンツのサイトを度々見かけましたが、パンダアップデートの影響で今では見な
くなりましたね。

『内容の薄いアフィリエイトページ』

Googleからのアナウンスを一部抜粋しますと、

“ユーザーにとって十分な付加価値を与えずに、内容が薄かったりコンテンツが無断複製されたりしているサイト”

付加価値という事は、その「サイトでしか得られない情報」「オリジナルのコンテンツ」という事になりますね。
つまり、商品アフィリエイトのページ内のコンテンツをメーカーの商品説明文をそのままコピーしただけであったり、
ありふれた情報を掲載したコンテンツ等はGoogleは価値の無い(内容が薄い)コンテンツと評価するようです。

『他のソースからのコンテンツ』

こちらは一番多い内容ではないでしょうか。
いわゆるコピーコンテンツと呼ばれる内容です。
他のサイトの文章(コンテンツ)をそのままコピーしたり、コピーした内容に若干手を加えてオリジナルと違うように
見せかけたコンテンツです。
上位サイトの文章を一生懸命コピーしてページを作っても、Googleにはばれてしまうのですね。
文書の作成は時間のかかる作業ですが、本人がしっかりと考え、ユーザーに満足してもらえるオリジナルの文章(コン
テンツ)を作る事が大切なようです。

『誘導ページ』

誘導ページまたはドアウェイページと呼ばれるそうです。
誘導ページについて調べたところ、Aというサイトにユーザーを集める為にB,C,D,E・・・という内容の薄いサイトを
複数作りB,C,D,E・・・のサイト内にAへのリンクを複数設置する。という事のようです。
こういったサイトの多くは、B,C,D,E・・・のサイトの中身がほぼ同じで、地域名だけが異なっているというケースが
多いようです。

copy

仮にこのようなサイトがあった場合は、誘導ページはもちろんですが、コピーコンテンツにもなってしまいますね。

質の低いコンテンツはコピーや自動生成、ありふれた情報など、ユーザーの為に作成されたコンテンツではなく、SEOの為
に楽をして作られた内容が無いコンテンツという事になりますね。
仮にこのようなサイトが検索結果に表示されていたとしても、ユーザーにとってなんのメリットも無いですからね。

質の高いコンテンツとは?

では、反対に質の高いコンテンツとはどのようなコンテンツなのでしょうか?
質の低いコンテンツはコピーした物や、自動生成、ありふれた情報など、ユーザーにとってメリットの無いコンテンツという
事は、ユーザーにとって有益で独自の研究や見解をオリジナルの文章で作成する事で、価値のある質の高いコンテンツになる
のでは無いでしょうか?

しかし、オリジナルのコンテンツと言われても作成は簡単ではないと思います。
そんな時は「関連キーワード」を参考にすると良さそうです!

関連キーワードとは、たとえばあなたが『バナナ』と検索したとします。

banana

検索結果画面の一番下の部分に、赤枠のような語群を見た事ありませんか?
これが関連キーワードです。

この関連キーワードですが、ユーザーが検索する際に「バナナ」と一緒に検索する事が多いキーワードをGoogleが表示して
いるんだそうです。

今回出した例ですと、「カロリー」「レシピ」「栄養」等についての情報をユーザーが多く必要としている事がわかります。

つまり、コンテンツの作成に困った場合はこの関連キーワードをチェックし、ユーザーが必要としている(よく検索している)
情報の中から自サイトに最適な内容を選び、自社の商品やサービスの特徴を交えたオリジナルのコンテンツを作成する事で、
Googleからとても評価されそうですね!

ちなみにこの関連キーワード…

kanrenblog

ウェブ大魔王で見る事も出来ます!

コンテンツを作成する際に、ウェブ大魔王で競合サイトのコンテンツ量と自サイトコンテンツ量を比較し、文章量が少なければ
関連キーワードを見つつオリジナルのテキストを作成する。
または、文章量は競合サイトより多いのに順位が上がらない。という場合はコンテンツ内容を見直してみてください。

もしかすると、昔他のサイトからのコピーしたテキストが入っていたり、ユーザーが求めている情報とは違う情報が書かれている
かも知れません。

次回は「パンダアップデートが最近だといつ、どんな周期で行われているのか?」という事を調べたいと思います。

次回更新は2月1日(月)です。

第1回 ウェブ大魔王SEOブログ ~パンダアップデートとは?~

はじめまして、ウェブ大魔王運営スタッフです。

第1回目のブログという事で、簡単にご挨拶と自己紹介をさせて頂きます。
ウェブ大魔王は、ウェブサイトの運営者の方が自サイトと競合サイトのSEO状況を比較し、
『自サイトに今何が必要なのか?』を簡単に調べる事が出来るツールとして開発されました。
ウェブ業界はどんどん進化し、利用者にとって便利になっていく一方、サービス展開する方に
とっては競争が激化し、新しい要素、対策を常に勉強し取り入れていかねば取り残されてしま
う時代。
このブログでは、『SEO』 『コンテンツマーケティング』 『モバイルフレンドリー』
ウェブサイト運営には欠かせないこれらの事柄にフォーカスし、基礎的な内容から、最新のア
ルゴリズム、アップデート内容等幅広く取り上げ、ウェブ大魔王の活用方法を絡めて、皆さん
と一緒に勉強していきたいと思いますので宜しくお願いします。

パンダアップデートってなに?

パンダアップデートといえば、SEOに精通している方や、ホームページ制作会社の方であれば
当たり前の様にご存知かと思います。
しかし、最近になってウェブサイト運営を始めた方や、これから始めようと考えている方等、
まだまだ知らない方も多いと思います。
まずは、パンダアップデートとは一体なに?というところから勉強していきたいと思います。
あなたが「ウェブサイト 運営」とGoogleで検索すると、検索結果が表示されますよね。
あの検索結果は、あなたが検索したキーワードに対し、Googleがどのサイトを表示すれば
あなたが満足出来るか?という事をプログラムが判断し、表示しています。
このGoogleのプログラムというのは様々なアルゴリズムをもっており、日々更新・アップデート
を行っているようです。
そのアップデートの内容によってGoogleが名前をつけており、そのうちの一つがパンダアップ
デートと呼ばれているようです。


パンダアップデートの内容は?

Googleのアルゴリズムのアップデートの一つだという事はわかりましたが、このパンダアップデート
が行われた事で、検索結果にどのような変化があったのでしょうか?
Googleからのアナウンスや、様々な方の記事ではこの様に書いてあります。
質の高いコンテンツのあるサイトの順位が上がり、質の低いコンテンツのあるサイトの順位を下げる。
質の高い、低いに関しては後日詳細を書きたいと思いますが、どうやら『コンテンツ』の内容が順位
に大きく影響するようになったようです。


blogimage

ウェブ大魔王はコンテンツの調査が行えます。
『seo』と検索した時の上位10サイトのコンテンツがどのようになっているのか調べたところ、
上位サイトの平均文字数は【5000文字】以上ある事がわかりました。
『seo』というキーワードで上位表示させるには、最低でも5000文字以上テキストを作成した方が
良さそうですね。
では、情報サイトからごっそりテキストをコピーすれば良いのでは?と、考えてしまいそうですが、
これはNGのようです。
【コンテンツの質=文章の量】という単純な事ではではないのですね。
しかし、文章の量はとても重要で必要な要素である事は間違いありません。
どこかのサイトからコピーしてきたテキストを貼り付けただけだったり、世の中の誰もが知っている
情報を文章にして文字数を稼いでもダメだという事です。
では一体どのようにコンテンツを作成すると良いのでしょうか?
次回のブログで、質の高いコンテンツ・質の低いコンテンツについて調べてみたいと思います。

次回更新は1月29日(金)の予定です。

解析結果が全て表示されない

お客様の回線状況やサービスの混雑状況により、データの取得が一部行えない場合は、

画面左側の【これまでの解析履歴を見る】をクリックしてください。

 

解析履歴を見る

 

解析履歴から今までお客様が解析を行った結果を再解析する事が可能です。

その際、最初の解析時から『30日以内』であればポイントを利用せずに解析を行えます。

 

問題は解決致しましたか?

問題が解決出来ない方は、大変申し訳御座いませんが下記アドレスまで

メールしていただけますようお願い致します。

ウェブ大魔王運営  support@webdaimao.jp
営業時間:月曜から金曜(祝・祭日除く)10:00~18:00

 

ポイント購入の仕方がわからない

ポイントの購入を行う場合は、アカウントを作成・ログイン後に画面右上の

『ポイント購入』ボタンをクリックし、ご希望のポイント数と、お支払い方法を選択してください。

 

ポイント購入画面

 

解決致しましたか?

問題が解決出来ない方は、大変申し訳御座いませんが下記アドレスまで

メールしていただけますようお願い致します。

 

ウェブ大魔王運営  support@webdaimao.jp
営業時間:月曜から金曜(祝・祭日除く)10:00~18:00

電話サポートについて

大変申し訳御座いません。
ウェブ大魔王では電話でのサポートを受け付けておりません。

ご利用方法や不具合に関するご質問、不明点に関してはメールにて承っております。
ご理解の程宜しくお願い致します。

ウェブ大魔王運営  support@webdaimao.jp
営業時間:月曜から金曜(祝・祭日除く)10:00~18:00

アカウント登録したのにメールが届かない

アカウント登録が完了致しましたら、ご登録いただきましたメールアドレスまでメールがお届きになります。
万が一、アカウント登録後メールが届かない場合、お手数ですが下記メールアドレス宛てにご連絡いただけま
すようお願い致します。

ウェブ大魔王運営  support@webdaimao.jp
営業時間:月曜から金曜(祝・祭日除く)10:00~18:00