第1回 ウェブ大魔王SEOブログ ~パンダアップデートとは?~

立ち1

はじめまして、ウェブ大魔王運営スタッフです。

第1回目のブログという事で、簡単にご挨拶と自己紹介をさせて頂きます。
ウェブ大魔王は、ウェブサイトの運営者の方が自サイトと競合サイトのSEO状況を比較し、
『自サイトに今何が必要なのか?』を簡単に調べる事が出来るツールとして開発されました。
ウェブ業界はどんどん進化し、利用者にとって便利になっていく一方、サービス展開する方に
とっては競争が激化し、新しい要素、対策を常に勉強し取り入れていかねば取り残されてしま
う時代。
このブログでは、『SEO』 『コンテンツマーケティング』 『モバイルフレンドリー』
ウェブサイト運営には欠かせないこれらの事柄にフォーカスし、基礎的な内容から、最新のア
ルゴリズム、アップデート内容等幅広く取り上げ、ウェブ大魔王の活用方法を絡めて、皆さん
と一緒に勉強していきたいと思いますので宜しくお願いします。

パンダアップデートってなに?

パンダアップデートといえば、SEOに精通している方や、ホームページ制作会社の方であれば
当たり前の様にご存知かと思います。
しかし、最近になってウェブサイト運営を始めた方や、これから始めようと考えている方等、
まだまだ知らない方も多いと思います。
まずは、パンダアップデートとは一体なに?というところから勉強していきたいと思います。
あなたが「ウェブサイト 運営」とGoogleで検索すると、検索結果が表示されますよね。
あの検索結果は、あなたが検索したキーワードに対し、Googleがどのサイトを表示すれば
あなたが満足出来るか?という事をプログラムが判断し、表示しています。
このGoogleのプログラムというのは様々なアルゴリズムをもっており、日々更新・アップデート
を行っているようです。
そのアップデートの内容によってGoogleが名前をつけており、そのうちの一つがパンダアップ
デートと呼ばれているようです。


パンダアップデートの内容は?

Googleのアルゴリズムのアップデートの一つだという事はわかりましたが、このパンダアップデート
が行われた事で、検索結果にどのような変化があったのでしょうか?
Googleからのアナウンスや、様々な方の記事ではこの様に書いてあります。
質の高いコンテンツのあるサイトの順位が上がり、質の低いコンテンツのあるサイトの順位を下げる。
質の高い、低いに関しては後日詳細を書きたいと思いますが、どうやら『コンテンツ』の内容が順位
に大きく影響するようになったようです。


blogimage

ウェブ大魔王はコンテンツの調査が行えます。
『seo』と検索した時の上位10サイトのコンテンツがどのようになっているのか調べたところ、
上位サイトの平均文字数は【5000文字】以上ある事がわかりました。
『seo』というキーワードで上位表示させるには、最低でも5000文字以上テキストを作成した方が
良さそうですね。
では、情報サイトからごっそりテキストをコピーすれば良いのでは?と、考えてしまいそうですが、
これはNGのようです。
【コンテンツの質=文章の量】という単純な事ではではないのですね。
しかし、文章の量はとても重要で必要な要素である事は間違いありません。
どこかのサイトからコピーしてきたテキストを貼り付けただけだったり、世の中の誰もが知っている
情報を文章にして文字数を稼いでもダメだという事です。
では一体どのようにコンテンツを作成すると良いのでしょうか?
次回のブログで、質の高いコンテンツ・質の低いコンテンツについて調べてみたいと思います。

次回更新は1月29日(金)の予定です。

「解析してみる」ボタンを押すだけで、機能を無料体験
※解析するURL、キーワードを任意の内容に変更した場合は、結果の表示に2~3分かかります。

対策URL:
対策キーワード:

人気SEO記事