SEO超初心者向け!サーチコンソールの簡単な見方

serchconsole

目次

Google Search Console(サーチコンソール) ってなんだ?

ウェブ大魔王を運営していると、制作会社の方・Web担当者の方と多くお話する機会があります。
サイト制作や運営に関して、環境は随分と違っていて度々驚かされます。
そんな中、多くの方が「知らない」「知っているけど導入していない」と仰るのがこの Search Console です。

Search Consoleは以前まで(※2015年5月20日に名称変更)はウェブマスターツールと呼ばれるGoogleから無償で
提供されたツールでした。

あなたのサイトをこのツールに登録することで、サイトの状態(ページが消えたりサーバーがエラーになっていない
かなど。)やアクセス数、どんなキーワードでのアクセスが多いかなど、サイトに関わる多くのデータを見る事がで
きたり、万が一マルウェアに感染した場合などもGoogleからメッセージが届くようになっており、ウェブサイトを
運営するにはとても便利なツールです。
なにより、無料というところが1番の魅力です。

まだ導入していないという方は、すぐに導入することをお勧めします!まずはどれだけ便利かお話ししますね。

※GoogleのSearch Consoleの説明動画です。

Google Search Console(サーチコンソール)を設定してみよう!

まずはGoogleのサーチコンソールのページへアクセスします。
→→https://www.google.com/webmasters/

sc6

赤枠部分をクリックし、あなたのGoogleアカウントでログインしてください。
無事にログイン出来ましたら下記の画面が表示されるので、登録を行いたいサイトのURLを入力し、
「プロパティを追加」をクリック。

10記事用素材1

すると、【対象のサイト】の所有権を確認します。という画面が表示されるはずです。
これはあなたが実際にサイトの管理者、もしくは権限を持っているのか確認するためです。

sc4

確認方法はいくつかありますが、今回はGoogleが推奨している『HTMLファイルをアップロード』でご説明します。
画像内赤枠部分からGoogleの確認用ファイルをダウンロードしてください。
対象のファイルをデスクトップなどわかりやすい場所に保存します。
保存が出来たら、対象サイトのサーバーにアクセスし、ルートディレクトリに対象のファイルをアップロードしてください。

※http://対象サイトドメイン/●●●●
 ●の位置が対象のファイルとなるようにします。

アップロードまで行えれば、同画面下部の『確認』ボタンを押してください。

次の画面でこのように表示されれば無事設定完了です。

sc5 登録出来たらまずこれを見てみよう。

無事所有権の確認が出来れば、このように対象のサイトが登録されます。

sc7

対象サイトのドメイン部分をクリックして早速中を見てみましょう。

11

色々と見てみたい気持ちはあると思いますが、まずは赤枠部分の検索アナリティクスを見てみましょう。

sc9

赤枠内のチェックボックスを入れることで、【クリック数】【表示回数】【CTR】【掲載順位】を見ることが出来ます。

sc10

このように『どのようなキーワードで』『何位に表示されていて』『何回検索結果に表示されて』『何%のクリック率か
が見る事が出来ます。

これを見ることで、

・掲載順位が高くて表示回数は多いけどクリック率が低いな・・・。
→タイトルやディスクリプションがユーザーんびとって魅力的ではない?!

・掲載順位は低いけど、表示回数が多く、クリック率も高いな・・・。
→SEOを行い上位に表示できれば、購買意欲の高いユーザーを獲得できる?!

という見方が出来るのです。

アクセス解析の第一歩として、自分のサイトにユーザーがどういうキーワードで検索して
アクセスしてきているのかを調べてみてください。

「解析してみる」ボタンを押すだけで、機能を無料体験
※解析するURL、キーワードを任意の内容に変更した場合は、結果の表示に2~3分かかります。

対策URL:
対策キーワード:

人気SEO記事