競合比較機能を使って検索順位1位を目指す企画 Part1

p2600

この記事を読む時間目安:3分

あとで読む方はブックマークボタンをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブ大魔王の競合比較機能を使い、新規で立ち上げたウェブサイトを検索順位1位を目指す企画(検索順位向上トライアル「ママさんダンププロジェクト」)を始めます。
この企画では、ウェブ大魔王の基本的な使い方や、SEOの情報、Googleアナリティクスやサーチコンソール使った解析方法例などをご紹介していきたいと思います。

この記事を読んでほしい人…

  • 新しくウェブサイトを立ち上げた人
  • もっと多くの人にサイトを見てもらいたい人
  • ウェブからの集客に困っている人
  • etc…

目次

専用のサイトをつくりました!

この企画を始めるにあたり、まずはウェブサイトを用意する必要があります。
昨今のSEO事情を考えると、手軽に記事(コンテンツ)が投稿でき、サイトの更新が用意なワードプレスを利用して、ウェブサイトを作成、運用することにしました。
サーバーは、ワードプレスのインストールが簡単に行えるロリポップ社のレンタルサーバーを使用します。

ロリポップレンタルサーバーは、サイトのデザインがキャッチーに作られていることと、ヘルプが充実していること、プランによっては電話サポートも可能(一番安価なプランでも、チャットでのサポートをしてくれます。)なので、初心者の方でも簡単にご利用いただける良いサービスです。

ワードプレスのインストールも「簡単インストール」という機能が備わっており、指示通りに必要箇所を設定していくだけで、簡単にインストール出来てしまいます。
もしも、これからウェブサイトを作成しようとされている方は、是非調べてみてください。

ワードプレスの設置が終わり、アクセス解析用のGoogleアナリティクスのトラフィックコードを設置(Googleアナリティクスについては別記事でご紹介してます。)し、デザインとして最低限の修正を行い、一応サイトが完成しました。

完成したサイトがコチラ↓

ママさんダンプの全てがわかるサイト(少し大げさでしょうか・・・。)

p2601

サイトが完成したら、どんどんコンテンツをつくっていきましょう。
ただし、無闇に文章(コンテンツ)をつくるのはあまり効率的ではありません。
どんなコンテンツがユーザーに求められているか?
どんなサイトがユーザーにとって使いやすいか?
検索結果上位のサイトはどんな状態か?
さまざま要素を調査し、考えたうえでコンテンツをつくりましょう。

SEOするキーワードを決める

サイト運営をするにあたり、とても重要な要素がさっそく登場です。

SEOするキーワードの選択を誤ってしまうと、なかなかお客さんを呼ぶことが出来ず、競合サイトに遅れをとることになってしまいかねません。
ママさんダンプサイトのケースに沿って、キーワード選定方法をご紹介します。

1

キーワードには大きく分けると2種類あります。
「自分で始めて車のタイヤ交換をしよう」と思い、検索する場合のキーワードといえば・・・
【タイヤ交換 方法】
【車 タイヤ交換 やり方】
のようなキーワードになると思います。
これらのキーワードは「情報系」のキーワードに分類され、直接の商品の購買には繋がりにくいですが、情報の発信やブランディングを行う場合のキーワードです。

次に、
「車のタイヤ交換を安くて早くやってくれるところは・・・」という人の場合は・・・
【タイヤ交換 格安】
【タイヤ交換 料金】
などのキーワードで検索しているはずです。
これらのキーワードは「アクション系」キーワードに分類され、前者のキーワードよりも購買に繋がる可能性が高いキーワードとなります。

今回作成した、ママさんダンプのサイトの場合は・・・

サイトを訪れた人に向けて、ママさんダンプの歴史や、名前の由来、使い方などの情報を発信していきたいと思うので、
「情報系」キーワードでSEO対策をしたいと思います。

ざっと候補としたキーワードはこちら。

「ママさんダンプ」
「ママさんダンプ 使い方」
「ママさんダンプ 歴史」
「ママさんダンプ 由来」

これらのキーワードを検索する人は、やはり雪の多い地域の人の検索が多いのか・・・
それとも、昨年11月に54年ぶりの積雪があった東京近郊の人が増えているのか・・・

こんな情報も確認出来ましたら、お伝えしようと思います。
・・・もちろんママさんダンプのサイトの方で(笑

競合比較してみる

キーワードの競合サイトを調べてみる

SEOをするキーワードを決めた!
・・・ちょっと待ってください。

あなたがSEOをしようと考えたキーワードは、他のサイト(会社)が既に必死にSEOを行っているキーワードかもしれません。
出来ればキーワードの候補をいくつか選び、競合サイト(1~10位のサイト)の状況を調べてみましょう。

2000年からコツコツとコンテンツを追加、更新しており、ファンがたくさんいるウェブサイト(会社)に、今年出来たばかりのサイトが検索結果で勝つ事はほぼありえません。
出来れば競合サイト(会社)があまり強くなけど、検索される数は多いお宝キーワードを探しましょう。

ママさんダンプサイトの場合も、先ほどのキーワードの競合サイトを調べてみます。

img05

やはりビッグキーワードなので、上位はAmazon、楽天、wikipediaが出てきます。
ただし、ウェブ大魔王の評価は思っていたよりも悪くありません。
(All BAD評価を予想していたのですが・・・)

一番の驚きはドメイン評価のGOODです。
ウェブ大魔王のドメイン評価は「ドメインの取得年月日」はもちろんですが、その他にも「サイト全体のテーマ性(キーワードに関するコンテンツがどれ位の割合で含まれているか)」があります。
「ママさんダンプ」で検索した際の上位サイトの多くは【ママさんダンプ以外の情報】もたくさんサイト内に含まれているため、テーマ性が分散しているようです。
Googleはユーザー(検索する人)が一番求めている情報を検索結果に表示します。
「ママさんダンプ」と検索する人にはママさんダンプの情報ぎっしり(テーマ性高い)のサイトを見せてあげたいと思うはずです。

コンテンツ(文章)量も、あまり多くない状況です。
これは、コツコツコンテンツを更新していけば、もしかすると1位が狙えるかもしれません・・・。

出来たてのサイトという事もあり、外部リンクが心配ですが、コンテンツの更新にあわせて少しずつファン(外部リンク)を獲得出来るよう頑張るしかないですね。

引き続き、ママさんダンプサイトの更新と進捗情報はこちらのブログでもご紹介していきたいと思います。

人気SEO記事