SEO・コンテンツマーケティングの現在を考える(担当者のひとりごと)

post30_0

この記事を読む時間目安:1分

あとで読む方はブックマークボタンをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年度になり、改めていまのSEO・コンテンツマーケティングについてぼんやりと考えた、担当者のひとりごとをずらずらと書いています。

この記事を読んでほしい人…

  • SEOにちょっとだけ興味があるひと
  • コンテンツマーケティングにちょっとだけ興味があるひと
  • とても退屈しているひと
  • etc…

目次

昔のSEOは楽だった

誰しもがそうとは限りませんが・・・今よりは楽でしたよね?

最近ウェブサイトを作った!ウェブサイトの担当者になった!という人ならあまり聞いた事はないでしょうし、
そんなサイト見たことない!という人も多いと思いますが、昔は・・・

①サイト作成
 ⇒いろんなキーワードでSEOしたい!でも文字だらけのサイトはかっこ悪い!
  そうだ!背景色と文字色を同じにして見えなくしとこう!

②リンクがほしい
 ⇒他サイトからリンクがほしいなーそうだ![相互リンク]を募集しよう!
  お互いリンクが増えるからいいよね!
  業者にもリンクを増やしてもらえるよう頼もう!

③日々の更新
 ⇒面倒だから、コピーしたページ(ちょっとだけ文字を変えた、内容の無いページ)をドンドン増やしていこう。

③はい!1ページ目に表示されたー。

なんて事が多かったように思います。
(※あくまでも検証など行なっていない独り言で御座います。)

言葉は悪いですが、2008.9年頃まではこんな形でGoogle、Yahoo!のロボットをだませていたんですね。
(※2017年現在はGoogle、Yahoo!のロボットは同一)

ちなみに上記の手法に関しては、今は正式にスパム行為として、検索順位が下がってしまいますので
気をつけて下さいね。

しかし、時代は流れ・・・
今となってはそんなサイトは一切見なくなり、調べたい・知りたい情報が簡単に見つけられるように
なりました。

旧Google検索画面

出典 – http://web.archive.org/web/19981202230410/http://www.google.com/
※【注意】上記画像はスパムとは関係ありません。
昔のデザインの参考にと思い、1998年のGoogleの検索画面を載せてみました。

今のSEO(コンテンツマーケティング)は、複雑?

検索順位を上げるためには、「ユーザー(検索した人)にとって良いコンテンツ(記事)を作りましょう」

少しでもSEO、コンテンツマーケティングを勉強された人なら、聞いたことがあると思います。

「ユーザー(検索した人)にとって良いコンテンツ(記事)を作れば検索順位が上がります」

これって簡単なようでとても難しい。
「良いコンテンツ」とはどんなコンテンツでしょう?

これは私、個人の意見ですが・・・

まず、大前提として、専門的であること。
時計専門の通販サイトで考えるとします。
※筆者が最近腕時計に興味があるから。

1つのサイトの内容はこうです。
⇒当社の腕時計はとてもかっこいいです!
 有名ブランドもマイナーブランドも数多く取り揃えています!
 気になる商品があればお気軽にお問合せ下さい♪

もう一つのサイト内容はこうです。
⇒創業70年の実績と信頼の腕時計専門店「時計大魔王」の通販サイトです。
 「オメ○・ロレッ○ス・タ○ホイヤー」などの海外ブランド時計を
 はじめ、「セイ○ー・シチズ○・オリエ○ト」などの国産ブランド時計
 など、数多く取り揃えております。
 クォーツ式、機械式に限らず、ベルトの調整やリューズ、その他
 修理、オーバーホールも承っております。
 あらかじめ料金表をご用意しておりますが、記載の無い修理・メンテ
 ナンスに関しても対応出来る場合が御座いますので、お気軽にお問
 合せ下さい。
 ※実際はブランド名をしっかりと記載。

もちろん、コンテンツ内容だけで検索順位が決まるわけではないですし、
例としてあげたコンテンツ量が少ないので、正確に判断は難しいのですが、
評価が高いコンテンツは恐らく後者です。

ただし、専門的なコンテンツ(文章)をしっかりと記載しているサイトは
たくさんあります。
その中でも、順位を上げるためには、やはり
「ユーザー(検索した人)にとって良いコンテンツ(記事)になっているか」
という事が重要となります。

「ユーザー(検索した人)にとって良いコンテンツ(記事)」について考える時は、
ユーザーを基準に考えると良いと思います。

たとえば、
通販で時計(オメガ)を安く購入したいと思っている人が、
「オメガ 通販 格安」などのキーワードで検索したとします。

このとき、ユーザー【通販で時計(オメガ)を安く購入したいと思っている人】に
とって、良いコンテンツとはなんでしょう?どんなサイトが検索結果の上位に表示
されると嬉しいでしょう?

・オメガを扱っている
・通販を行なっている
・料金に関する情報が載っている

これらの条件が揃い、より専門性の高いサイトが表示されます。
つまり「ユーザー(検索した人)にとって良いコンテンツ(記事)」とは
この場合に限り上記に関するコンテンツ
となります。

検索結果①

では、
この人が時計購入後にオメガについてもっと詳しく知りたいと思い、
「オメガ 誕生 歴史」と検索したとします。

この場合の良いコンテンツとはなんでしょう?
実際に検索してみるとわかりますが、先ほどのサイトはほぼ表示されません。

検索結果②

これは、「オメガ 誕生 歴史」と検索した人にとって、「オメガ 通販 格安」
と検索した時に表示されたサイトのコンテンツが良くないコンテンツとなる為です。
※良くないコンテンツという表現はあまり正しくないかもしれませんが・・・

結果、「ユーザー(検索した人)にとって良いコンテンツ(記事)」とは
一概にこんなコンテンツ!という事は言えず、検索した人に向けたそれぞれ専門的に書かれた
内容という事になりますね。

うーん。
結局どうすればいいの?
ってことですよね。(笑

今回はひとりごとなので、そこまで書きませんが、実は簡単な方法があるんです。

そこは後日ご紹介したいと思います。

「解析してみる」ボタンを押すだけで、機能を無料体験
※解析するURL、キーワードを任意の内容に変更した場合は、結果の表示に2~3分かかります。

対策URL:
対策キーワード:

人気SEO記事