これで失敗しない!SEO対策キーワードの選び方!

キーワード選び

やっぱり上位表示を狙うならビックキーワード!?

あなたが今運営しているウェブサイトで扱っているサービス、商品は何ですか?
たとえば、賃貸物件を取り扱っていたとして、

『賃貸物件を探している人にサイトを見てもらいたいから…キーワードは【賃貸物件】で!』

なんて選び方をして、そのほかのキーワードで対策を行っていないとしたら、今回のブログを
是非最後まで読んでほしいと思います。

先ほどのキーワード【賃貸物件】のことをビッグキーワードと呼びます。
賃貸物件に限らず、【中古車】や【病院】など、ユーザーがインターネット検索で頻繁に検索
するキーワードのことを総称してビッグキーワードと呼びます。
ビッグキーワードは検索するユーザーが多いため、上位表示された際にはたくさんのアクセス
が見込めるためSEO対策をしたくなってしまうのですが、その分競合もとても多いため難易度
もかなり高いものとなっております。

ビッグキーワードでも頑張れば…

結果からお伝えすると、ビッグキーワードでのSEO対策は基本的には行うべきではありません。
ビッグキーワードで上位表示されているサイトのデータをウェブ大魔王で取得してみました。

data1

ビッグキーワードで上位に表示されているサイトの多くはこのように桁が違うインデックス数
(ページ数)や文字量があります。
ちなみに被リンクの状態も見てみましょう。

data2

この数字を見て、自サイトとあまり差はないなと思った場合はあなたのサイトと実際にターゲ
ットにしているキーワードで上位サイトと比較してみると良いと思います。
実際に数値を見ていただいてお分りいただけたと思いますが、桁が違っています。
大手サイトの数値を目標にサイトの運営、更新を行うことも良いことだとは思いますが、いつ
までもアクセスが獲得できなければサイトを運営している意味がありません。
そこで、ビッグキーワードではなく、あなたがSEO対策を行うべきキーワードを次項でご説明
いたします。

ロングテールワードでロングテールSEOを!

ロングテールワードを先ほどのキーワード例に合わせて簡単にご説明いたしますと、

【渋谷区 賃貸物件 仲介料無料】

このように複数の単語をスペースで組み合わせ、ターゲットを絞ったキーワードのことをロング
テールワードと呼びます。
サービス・商品の特徴や提供地域をキーワードと絡めることで競合サイトがかなり絞られ、上位
表示への難易度もぐっと下がります。

『いやいやそんなキーワード、検索数少ないでしょ?』

なんて思いましたか?
確かに【賃貸物件】よりも検索数はかなり少ないです。
ですが、あなたが必要としているのはアクセス数ですか?
たしかにアクセス数は欲しいとは思いますが、最終的に必要なのはお客様からのお問い合わせや
商品の購入などのコンバージョンですよね?
このロングテールワード、コンバージョンに繋がりやすいんです!!
ロングテールワードの秘密は別記事でご紹介いたします。

人気SEO記事