GoogleAnalytics超入門編|登録方法

mds4

このブログでも何度か登場した事があります「Google Analytics
ウェブマスターや制作会社の方、Web担当者の方でなければご存知ない言葉だと思います。

Google Analytics – wikipedia
Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、Google社が無料で提供するWebページのアクセス解析サービス。元々はGoogleが2005年に買収した、米国のWeb解析ソリューションプロバイダー・Urchin社の技術を利用している。

wikipediaを見ただけでは正直意味も良くわからず、とりあえずスルーしてしまいますよね。
しかし、Webサイトを運営している方であれば必ず導入するべきだと思います!
なんといっても無料なのですから。

GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)を超簡単に説明

GoogleAnalytics(以下アナリティクス)をサイトに設置する事で、下のようにアクセス数のの推移や、ユーザーの動き、
アクセスに用いたデバイスなどなど、様々な情報を見ることが出来ます。

CropperCapture[1]

このようにアクセス数をグラフで確認が出来たり、新規ユーザーとリピーターの割合を右下の円グラフで確認する事が
出来ます。
他にもまだまだ調べる事が出来るのですが、多すぎるのでまたの機会にご紹介したいと思います。

まずはGoogleAnalyticsに登録してみましょう。

アナリティクスの登録ページから「アカウントを作成」をクリックしてください。

CropperCapture[2] (2)

CropperCapture[3]

初めて登録する場合、このようにアナリティクスへの「お申し込み」の画面が表示されるので、「お申し込み」をクリ
ックしてください。
※この時Googleアカウントにログインしていなかった場合はGoogleアカウントのログイン画面が表示されるので、ログインしていただくと同じ画面が表示されます。
Googleアカウントをお持ちでない場合は、先にGoogleアカウントを作成してください。

CropperCapture[5]

お申込みボタンを押したあとは、アクセス解析を行いたいサイトの情報を入力していきます。
上のサンプル画像を参考にしていただき、各項目を入力してください。

CropperCapture[6]

同画面内下部に見慣れない項目名に対してチェックを求められます。
この項目は「あなたのサイトのデータをGoogleが見て良いですか?」という事です。
チェックの有り無しによってデータや検索順位に影響はありませんので、お好きなように選択してください。
チェックボックスの選択が完了したら、下部にある「トラッキングIDを取得」をクリックしましょう。

CropperCapture[7]

ここで表示されるコードがトラッキングコードといって、あなたのサイトを見てくれる役割をしてくれます。
あなたのサイトがhtmlで構成されていれば、上部の赤枠内のコードをコピーし、自サイトのソース内と書かれ
ている部分の直前に貼り付けてください。
phpで構成されている場合は、アナリティクス用のphpファイルを作成(ファイ名は画像を参考に)し、下部の赤枠内のコ
ードを各ページのテンプレートに貼り付けてください。
このコードが設置されていないページの情報は見る事が出来なくなってしまうため、基本的には全ページに設置した方
が良いです。
また、ソースは怖くて触れない。という方は、ホームページ作成を依頼した事業者に連絡をとり、「GoogleAnalytics
を設置したいから」と言って取得したコードを渡してもいいと思います。

サイトへの設置が完了したら完了です。
実際にアクセス数などを確認出来るようになるのは設置の翌日からになりますので、時間をおいて解析結果を確認して
みてください。

「解析してみる」ボタンを押すだけで、機能を無料体験
※解析するURL、キーワードを任意の内容に変更した場合は、結果の表示に2~3分かかります。

対策URL:
対策キーワード:

人気SEO記事